2014年10月17日

AWS各インスタンスで Super PI !? を走らせる (2)


前回の記事で AWS 各インスタンスのベンチを取ったが、
t2 インスタンスはバースト状態が前提であったので、
バースト状態でない場合はどうなのか気になったので追加で計測。

おまけとして、巷で流行っている (?) CPU limit を掛けて steal が発生しないよう調整した場合も載せている。

結果テーブル。(見難くてすみません。。。)
t2.
micro
t2.
small
t2.
medium
CPU limit-30%-30%-60%
スレッド数111212
10M桁 (s)51.0418.5929.9020.4316.2818.139.9110.04
100M桁 (s)740.5295.7401.3318.7191.2201.0155.4160.1


バースト時と比べて、さすがにかなり遅い。
t2.micro は約10倍、t2.smallは約5倍ほど時間が掛かっている。

この数字をみると、やはりt2は万能ではないと実感出来る。


CPU limitを掛けた場合、t2.micro と t2.small はほぼ同様の結果であった。
処理能力を平均化したい場合は、t2.small を利用する価値はなさそう。


※ t2.medium でスレッド数が少ない方が速いのは、各コアの使用率の合計に制限が掛かっているため(←少々ニュアンス違いますが)、このような結果になる。計測時、1スレッドだと、1CPUの使用率約60%、2スレッドだと1CPU使用率約30%であった。


それと、あれ? t2.medium …… m3.mediumに完勝してる希ガス?


それから一応、前回のベンチテーブルも。
t2.
micro
t2.
small
t2.
medium
m3.
medium
m3.
large
m3.
xlarge
m3.
2xlarge
スレッド数11121121418
10M桁 (s)6.316.195.593.6412.476.125.296.042.986.031.87
100M桁 (s)92.7291.5982.6951.93204.7690.8979.7789.8143.9489.7626.44


posted by きっちょむ at 01:55| Comment(0) | AWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

AWS各インスタンスで Super PI !? を走らせる


AWSの各インスタンスで、Super PI を使ったベンチでも取ろうかと思い立った。

……が、しかし。

Super PI がAmazon Linux上でなぜか動かない。
動作させると segmentation fault と吐き捨てて拗ねてしまった。

このまま諦めるのも腑に落ちない。
しかたがないので、似たような円周率計算プログラムを探して持って来た。

http://bellard.org/pi/pi2700e9/tpi.html

TachusPI という代物。
※ Super PI より数10倍早いようなので、数値を頭の中で置き換えて下さい。。。

10M桁、100M桁の計算に掛かった時間を計測した。
※ これ以上桁を増やすと下位インスタンスでメモリ不足のためか動作中に落ちてしまった
ちなみにt2インスタンスは立ち上げ直後のバースト状態での計測。

結果は下記の通り。


t2.
micro
t2.
small
t2.
medium
m3.
medium
m3.
large
m3.
xlarge
m3.
2xlarge
スレッド数11121121418
10M桁 (s)6.316.195.593.6412.476.125.296.042.986.031.87
100M桁 (s)92.7291.5982.6951.93204.7690.8979.7789.8143.9489.7626.44


1スレッドでの計測ではほぼ同様の結果となった。
t2大健闘。

posted by きっちょむ at 07:29| Comment(0) | AWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

AWS の Amazon Linux で python2.7 を使う


AWSのAmazon Linuxにデフォルトで入っているpythonはバージョンが2.6なので、
python2.7に入れ替えてみました。

[Agenda]
1. python2.7 のインストール
2. python2.7 をデフォルトに設定
3. yum の修正
4. easy_install のインストール
5. pip のインストール



[手順]
1. python2.7 のインストール
(i) バージョン確認
$ python -V

(ii) python27 のパッケージをインストール
$ sudo yum -y install python27 python27-devel


2. python2.7 をデフォルトに設定
(i) デフォルトの python で python2.7 が走るようにシンボリックリンクを張り直す
$ sudo rm /usr/bin/python
$ sudo ln -s /usr/bin/python2.7 /usr/bin/python

(ii) バージョン確認
$ python -V


3. yum の修正
(i) yum は python26 を使用するように戻す
$ sudo cp /usr/bin/yum /usr/bin/yum.bak
$ sudo sed -i s/python/python26/g /usr/bin/yum

(ii) 動作確認
$ sudo yum search php


4. easy_install のインストール
$ sudo curl -o /usr/local/src/ez_setup.py https://bitbucket.org/pypa/setuptools/raw/bootstrap/ez_setup.py
$ cd /usr/local/src/
$ sudo python ez_setup.py


5. pip のインストール
$ sudo easy_install-2.7 pip


これですんなり入れ替えられました。

[参考]
http://recipe.kc-cloud.jp/archives/4296
http://next.matrix.jp/20130602.html
ラベル:技術 Python AWS
posted by きっちょむ at 11:40| Comment(0) | AWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。